お知らせ

【コラム⑩】投資用マンションに自分でも住める!?

2018.12.21

不動産投資では、「空室状態」を避けたいと誰しも思っています。空室になると、家賃収入がなくなり、想定していた収入が達成できなくなるためです。

投資用マンションを購入したときに、「ここに自分が入居してもよいのか?」 と疑問が生じます。当然、投資用マンションに自分が入居することは可能です。 投資用のマンションは、利便性の高い立地で、自分が住むことになった場合も住みやすく感じることが多いので快適な暮らしが期待できます。

投資

住居物件にする場合は、住宅ローンを利用すれば税制優遇を受けれるので、投資用の物件に自分で住むのは最終手段として選択肢の1つとしても良いかもしれません。当然、自分が住んでいる間は、家賃収入がない状態なので、キャッシュフロー等を考えると入居者募集の為に対策を講じていることが前提にあります。

お知らせ一覧へ >

不動産投資の魅力

  • 安定した副収入を得るために

  • 生命保険・医療保険のように

  • 節税効果を期待して

  • 不動産投資でマンションオーナーになろう!
  • 【投資物件選択のポイント】新築物件を選ぶべきか?それとも中古物件か?

運営会社
株式会社ソヴリックコーポレーション