お知らせ

【コラム⑮】不動産投資には確定申告が必要!?

2019.03.08

不動産投資を始めた方は、家賃収入が発生しますので、給与所得と不動産所得を合計して確定申告する必要があります。
確定申告とは、翌年の法定期間(毎年2月中旬から3月中旬まで)の間に、1年間に発生した所得金額を計算して所得金額に対する税額を算出して税務署へ申告することです。
不動産所得の算出方法は、「収入―経費=不動産所得」で算出します。収入は家賃収入、経費は管理費や修繕費、減価償却費などが挙げられます。この不動産所得に本業の給与所得を合算して、扶養や生命保険などの控除を差引き、残った金額から所得税率に基づいて税額を算出します。サラリーマンや公務員などは、年末調整で既に納めている税額との差額金額が納税・還付になります。

確定申告

お知らせ一覧へ >

不動産投資の魅力

  • 安定した副収入を得るために

  • 生命保険・医療保険のように

  • 節税効果を期待して

  • 不動産投資でマンションオーナーになろう!
  • 【投資物件選択のポイント】新築物件を選ぶべきか?それとも中古物件か?

運営会社
株式会社ソヴリックコーポレーション