お知らせ

【コラム②】不動産投資で生命保険の代わりに!?

2018.08.24

不動産投資でローンを組む場合、団体信用生命保険(団信)という保険への加入が条件となることがほとんどです。略して、団信(だんしん)と呼ばれています。団信とは、ローンの借入人が亡くなったり、高度障害になったりした場合に、債権者である金融機関へ保険金が支払われ残債を清算することができるお得な保険です。この保険に加入していることで、借入人に万が一のことがあってもローンはなくなり、購入した不動産が資産として残ります。この意味で、「不動産投資は生命保険の代わりになる」と言われている所以です。

団体信用生命保険

団信は、金融機関が生命保険会社に一括で申し込むため団体扱いとなるので、保険料が安くなったり、手続きがシンプルといったメリットもあります。一般の生命保険よりも保険料が安く、加入者の年齢によって保険料が変わる生命保険と違い、何歳であっても保険料は共通になります。借入人が高齢であれば、団信のメリットは更に大きくなります。不動産投資をスタートさせることで、現在加入している生命保険の見直しのタイミングにもなります。

お知らせ一覧へ >

不動産投資の魅力

  • 安定した副収入を得るために

  • 生命保険・医療保険のように

  • 節税効果を期待して

  • 不動産投資でマンションオーナーになろう!
  • 【投資物件選択のポイント】新築物件を選ぶべきか?それとも中古物件か?

運営会社
株式会社ソヴリックコーポレーション